3Dスキャナーの分野別 活用事例

3Dスキャナーは製品開発だけでなく、医療、教育など3Dデータ・コンテンツとしても活用シーンを拡げています。
本ページでは各分野での活用方法を紹介します。

製品設計・製造

設計・品質管理を大幅に短縮

短時間で現物から設計の素材となるデータを作ることができ、設計作業を大幅に削減できます。
設計だけなく、スキャンしたデータを計測に使うことで、より正確な品質管理を可能とし、CAD, CAM, CAEとも連携し工数削減を実現します。

事例紹介

成型品と設計データの差異を検査

3Dデータ化することで誰でも正確な計測が可能となり品質向上に繋がります。
手作業では取得できない箇所も数値化でき効率的な計測を手助けします。

医療・ヘルスケア

人体を計測して正確な数値化を実現

被験者へ触れず、素早い3Dデータ化が可能です。
細かな凹凸も計測、保存できるため、医療機器などによる人体の変化やオーダーメイドによるパーツ作成などにも活用いただいてます。

事例紹介

カラダの一部を計測

計測前後の3Dデータを基に体積値やカラーマップ表示を利用することで、アナログでは取得できない情報と数値の見える化という付加価値を得られます。

コンテンツ・アート

制作者のイメージを3Dデータ化

制作者が作成した造形物を短時間で3Dデータ化することができます。造形物をデジタルでリアルに近いかたちで見せることできます。メタバースへの展開も可能となり更なる事業拡大を現実にします。

事例紹介

バーチャルマーケットへの展開

商品を3Dデータにすることで360度どこからでも商品を見てもらうことが可能になります。
宣伝効果だけではなく、メタバース上での商品販売もできます。コンテンツとしての販売も拡がります。

教育・文化財

教育資料、文化財の保全に利用

美術館や博物館に行かなくとも文化財などを3Dでリアルに近い形で見ることが可能になります。写真では得られない情報を3Dで得られます。文化財が破損した場合の修復データとしても活用されています。

事例紹介

貴重な文化財の保管と災害対策

貴重な文化財を3Dスキャンしデジタルアーカイブ化することで、形状を記録し修復時の情報として活用することができます。

その他

3Dスキャンのノウハウ紹介

分野とは関係無く、3Dスキャンに関するノウハウを紹介します。

   内容

3Dデータ作成する時間を 1/8 に短縮

目の前の現物をCADやCGソフトで作成する場合の時間と比較し、3Dスキャナーは短時間で3Dデータを作成することができます。

ご依頼から納品の流れ

ご依頼から納品の流れ

お気軽にご相談ください

お問い合わせ

オフィス業務支援プロダクト