3Dスキャナーの利用用途(動画あり)

3Dスキャナーの代表的な利用用途を紹介します。
実際に3Dスキャナーを使っている動画もご覧ください。

3Dスキャナーで測定したデータを設計に利用する
(リバースエンジニアリング)

設計データや図面がなくても、現物をスキャンすることで、容易に3Dデータを作成できます。
スキャンデータをCADデータ化することで、リバースエンジニアリングを可能にします。

3Dスキャナーで製品や構造物をデータ化して比較・検査する

現物を3Dスキャナーで3Dデータ化、それを設計時のデータを比較することで、微細な差を3Dで分かり易く比較・検査することができます。
また、経年劣化や現場で加工した場合の検査にも3Dスキャナーは活用できます。

3Dスキャナーで希少な物をデータにして保存する

美術品や標本、希少な製品などをデータ化して劣化や災害などに備えて3Dデータとして保存しておいたり、そのデータを修復に活用することができます。
希少な現物の3Dデータ保存だけでなく、使用頻度の少ない制作物をデータ化して現物を廃棄することで省スペース・管理削減に繋げることもできます。

人体のモデル化、デザインの共有にも活用

3Dスキャナーは人体のスキャンも可能です。手や足、顔などをスキャンしてオーダーメイドのツールとしても活用できます。
粘土などで作成したデザインサンプルもデータ化することでデザイナーと製造現場の情報共有を円滑にすることも可能です。

3Dスキャナーはレプリカ作成、教育素材の制作などでも活躍

スキャンした3Dデータを3Dプリンターで出力することでレプリカの作成が可能です。
また作成した3Dデータを3D-PDFなど様々なコンテンツに加工することで、3Dのリアルな情報でをPCやスマホなどで伝えることができるようになります。
希少な標本や製品などの3Dデータは教育現場でも活用され始めています。

Artec3Dの3Dスキャナーでスキャンした実例はこちら

スキャン実例

活用方法やデモのご依頼など
お気軽にご相談ください。

お役立ち資料 お問い合わせ

ISID-AOはお客様のオフィス業務に役立つ製品を拡充中です

オフィス業務支援プロダクト